健康

葉酸は母体の健康を助けるためにも大事な栄養素

お腹に赤ちゃんがいるとわかったときから大切なのは葉酸の摂取です。継続的な葉酸の摂取によって、赤ちゃんの発育は手助けされますし、母体の健康を助けるためにも大事な栄養素だと言えます。いろいろな食材を食べるように意識している方でも、葉酸は摂取が難しいものです。葉酸の不足を招かないためには補助的にサプリメントや錠剤を使うのも、一つの手です。
いわゆる貧血が起こるのは食事の中で鉄分を摂れていないからだと普通は考えますが、実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされ摂った鉄分が足りないことばかりが貧血につながるとも限りません。鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、鉄分の摂取だけでは貧血の改善が見られないとき、意識的に葉酸を摂るようにすると貧血改善が進むというケースも実際にあります。
赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないと言われていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、副作用に苦しめられることがあります。食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によってどこに副作用が現れるかはいろいろですが、まれに胎児の発育にも影響することがあります。少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが摂りすぎにも注意を払ってサプリメントなどの注意書きをよく読んで、規定の量を必ず守っていってください。葉酸が妊娠初期に不足した場合、お腹の中で胎児が順調に育たない危険性が増します。とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を招いてしまうこともあり障害が重いと無脳症になるため流産や死産に至ります。そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、葉酸は妊娠の判明後すぐに意識して摂ることが望ましいのです。近年の日本における先天性奇形の発生率は生まれてくる子供のうちの、約4%です。奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、ある程度、奇形のリスク低下が実証されている栄養素が葉酸だといえます。特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって絶対欠かせない栄養素と言っても決して言いすぎではありません。サプリメントや錠剤にもなっている葉酸はことに妊娠初期の摂取で細胞分裂の障害を防ぐなど発育にとって非常に効果的な面があるという説があります。
葉酸といえば、ブロッコリー、アスパラ、枝豆、そしてほうれん草などの葉物に豊富に含まれるのですが、サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、妊娠を望んだときから、妊娠中までの女性に毎日摂り続けてほしいものです。
妊活中の女性には葉酸を欠かさず摂ることが必要です。
それには大きな意味があり、子供に先天性の障害が起きる確率を低くする効果が確認されているためです。しかし、過剰に摂るとどうなるのか気になってきます。子供に起きる問題としては、将来、喘息などが起きやすくなるという説もあります。
葉酸を摂るときは、過剰摂取にも配慮しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です