バストアップ

バストアップマッサージの方法

バストアップの悩みを解決する最終手段が、豊胸手術だと言われています。バストアップの手術は、バストを大きくキレイにする手術です。バストアップの手術には、シリコンを体内に入れるプロテーゼ法をはじめ、余分な脂肪をバストに注入する脂肪注入法、ヒアルロン酸を注入して形や大きさを整えるヒアルロン酸注入法などがあります。一般的に、プロテーゼ法にて、バストアップ手術を行うことが多いです。プロテーゼ法では、バストの大きさを自由に調節しやすいことから、人気を集めています。ただ、プロテーゼ法で使用するシリコン製のバックは生理食塩水で、10年程で寿命が切れてしまうため、大きなバストを保つためには再手術が必要なのがデメリットと言えるでしょう。豊胸手術と聞くと、怖いとか不安とか大変だとか、マイナスのイメージを持ちがちかもしれません。でも、最近では、日帰りOKで手軽に受けられるプチ豊胸手術が、若い女性を中心に人気です。プチ豊胸手術と呼ばれているバストアップ手術は、バストに特別な光を当てて脂肪細胞を活性化させる方法やヒアルロン酸を注入する方法が多いです。メスを使わないため、自分の体を傷つけることなく行える施術であり、料金設定も低くなっているので、多くの雑誌やTV番組でも紹介されています。バストアップの手術は、ほぼ確実にバストアップできますが、信頼できるクリニックを選ぶことが何よりも重要です。後遺症についてもよく調べて、慎重に判断することをおすすめします。バストアップには欠かせないバストアップブラが非常に人気がありますね。年齢を問わず、多くの女性が使うようになってきています。一昔前には、高額な補正下着が物議をかもしていたものですが、最近では、女性の美容意識が向上したからか、あるいはきちんとした判断が出来るようになったからか、その類のものが高額であっても、問題が浮上することが少なくなりました。ただ、同じ補正下着でも、バストアップブラはちょっと意味合いが違います。普通の補正下着は、メリハリボディを作り出すためのものですよね。そのときだけ体型を美しく見せるためのものです。対して、バストアップブラはバストを美しく保つための下着です。自分に合わないブラジャーとか、大安売りで買ってしまったブラジャーとか言うものではバストは美しさを保てません。なぜかと言いますと、ブラに胸を収めていても、バストの脂肪が脇やお腹に流れていってしまうんですね。そうすると、バストは形が悪くなるだけでなく、小さくなっていきます。その結果、皮膚が余って垂れる、あるいは、胸がしぼむ、そんな状況になってしまうわけです。そうならないためには、バストアップブラは必須アイテムです。ブラの中に、脇やお腹の脂肪を集めてきて収めます。普通のブラジャーだと、徐々に徐々に脂肪は移動して戻っていってしまいますが、バストアップブラならそれがありません。だから、急にサイズアップしたかのようなバストがずっと続きます。そして、バストアップブラをつけ始めると、バストの形が少しずつ良くなっていきます。おそらく脂肪が胸に定着してくるのではないでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です